大神プロジェクト

かつてから動植物を統べて山を守ってきた

キーストーン種である狼。

あらえびすでは、狼の血を持つ

ハイブリッドウルフと共に暮らし、様々な試みで

生態系回復を目指します。

大神プロジェクトでは、人と動物、植物が

互いに助けあいすべてのいのちを生かすための

活動にご参加いただけます。

山を回復させ、いのちを優先した仕組みを

​具体的に考察し、実践し、共有していきませんか?

食物連鎖の頂点に立つ狼の存在を山に伝えることで

小動物、鳥類が増え、木々が生い茂る

すべてのいのちが絶妙なバランスで保たれた

​お山の生態系を目指します。

〇ウルフンエキス 

 

野生の血をほぼ100%引く

ハイブリット北極オオカミによる鳥獣対策!!

その先に 自然と人を繋ぎあわせる学習商品!

本物のオオカミ(ハイブリットウルフ)の糞を活用した画期的製品誕生!  

辺境の地で飼育される狼故に、鍛え上げられた野生の勘をベースに

害獣を直接食料にして作り上げるお宝(糞)を元に、

㈱縄文環境開発監修のもと開発されました。

まさに自然界のウルトラマンの降臨です。

本来の益獣天命の役割を復活させ、

人類の益と共存する新たな地球科学を繋ぎあわせる画期的な学習商品です。

使用方法は至って単純!

 

対象害獣(猿,鹿,猪,ハクビシン,カラスetc.)により水で希釈し設置するだけ。

老若男女、地球の源力を学び自然界の知恵を戴きましょう!!

 

「ウルフンエキス」がニュースに取り上げられました!!

商品概要                                               

品名    鳥獣被害対策用液【天然】

原材料名   狼糞(ハイブリッドウルフ)、伏流水

内容量    300ml

サイズ    65×65×300mm

保存方法   直射日光を避け、常温で保存。

使用方法   水で希釈して、設置して下さい。

標準希釈倍率 別表参照

価格 5,400円(税込・送料別)

※この製品は飲料ではありません。

                                                           

使用方法                                     

ペットボトルに30ccほど入れます。                                     

ニオイが出るように、上部に小さな穴を5-6ヶ所開けて、                                     

10m間隔くらいにぶら下げます。                                     

 

また、古手ぬぐいや使用済み軍手等に沁み込ませてぶら下げたり

ネズミ穴付近や地面に置くだけです。  

                                                            

製造元     株式会社 あらえびす                                 

製造協力 株式会社 縄文環境開発 

  

使用倍率

鳥獣名       倍率目安

ネズミ   2倍 - 20倍

カラス   2倍 - 10倍

サル    5倍 - 30倍

クマ    5倍 - 20倍

イノシシ     3倍 -   5倍

シカ    10倍 - 50倍

ハクビシン 10倍 - 50倍

アナグマ  20倍-100倍

アライグマ 20倍-100倍

タヌキ   20倍-100倍

 

〇ウルフ基金

(通称:足長おじさん基金)

 

皆さんで共に束なり自然界も喜ぶ
縄文百姓芸術団になりましょう!!

 

現在害獣対策にかかる費用は、
例えば長野県では160億円、山梨県では180億円、
全国では4000億円、
そして、効果がなかった重害防止柵は廃棄されている。

 

ハイブリットウルフドックで90万円、
ハイブリットウルフで130万円の売値がつくほど、

巷のペット市場では一般に流通できる価格ではありません。


彼らの本能を保つために食事や様々にかかる費用が一般の大型犬以上の金額になる故の価格です。そして、ウルフパトロールには、チーム力が必要となり、3匹が揃ってチームが完成される故に、

日本中にそのシステムを配備するにはたくさんの「足長おじさん」が必要です。

(日本中にウルフを復権するには、高級車購入程度の資金を考えなくてはいけません。
​ 高級車1台所有するよりもウルフを所有するほうがカッコイイ時代になるといいですね)

 

そこで我々は、人と自然界の対立の間を取るウルフを配備すると共に、その親にもなる我々のハイブリットドック、ハイブリットウルフの生活を支える基金を設立させていただきました。

まさに、自然界に描く縄文アートです。

このアートに参加してくださる「足長おじさん」を募集しております。

それにより我々は、市場から離れたブリーダーにもなり半額ほどで譲れるウルフを育てていきます。

と同時に、全てのサポーター様がウルフたちの里親です。

ここでも我々は、市場から離れたもう一つの可能性を模索します。

ただし安易に飼えるような命ではないため、「いのちのもり響命プロジェクト」にご参加いただいている方々の中から、未来の仕事としてウルフハンドラーになられる方を育て、その方と共にウルフを全国に配備していく活動を展開してまいります。

基金

個人:1口5,000円  

法人:1口50,000円

 ※ウルフハンドラーを目指す方は

法人基金扱いにてご指導させて頂きます。

 

参加方法

①お申込み連絡 

〈ウェブサイトから〉

参加申込フォームよりお申し込みください。

 

〈FAX〉

お申込み用紙にご記入の上、

0237-44-3288

へ送信してください。

 

〈メール〉

題名を「ウルフ足長おじさん基金参加」とし、下の内容を添え

araebisu@sky.plala.or.jp

へご連絡ください。

1.ご希望口数

2.氏名(ふりがな)

3.住所

4.連絡先(電話、メールアドレス等)

 

②基金をご希望口数の分、お振込みください。

特定非営利活動法人あらえびすサンタクロースプロジェクト

●ゆうちょ銀行から振込
【記号】 18520
【番号】 23329641
●他行から
【銀行名】ゆうちょ銀行
【店名】八五八(ハチゴハチ)
【店番】858
【口座種類】普通預金
【口座番号】2332964
 

〇ウルフパトロール

●ウルフパトロール / サル、シカ、イノシシ、カラスによる被害対策

●ウルフパトロール /ゴルフ場オーナー様向け

 

 

 

あらえびすは動植物を統べて生態系を守ってきた要どころ(キーストーン種)

=狼の血を持つウルフを介して、人、地域、都会、自然…

あらゆる場の垣根を越えて地球構成員として繋げ、

バラバラに分断され消費され消耗され疲弊する経済システムから、

循環し増殖し発展する経済システムに向けて様々な企画を考案し、

具体化し、実践し、皆様に御提供していきます。

これらの取り組みは、本拠地である「あらえびす」山形で既に実践しており、

いつでも自由に見学にお越し頂き、取組みの経過をご覧頂くことが出来ます。

また、お電話やメールでのご相談やお問い合わせも随時お受けしております。

あらえびすではオオカミ=狼の血を持つ
ハイブリットウルフと共に担う様々な試みで、
生態系を回復する仕事を担います。

 
かつてから動植物を統べて山を守ってきた
要どころ(キーストーン種)=狼。

 

姿が変わるほどになっていた山を回復させ、

いのちを優先した仕組みを

市場にもりこんでいきます。
 

人と動物、植物が互いに助け合うこと

人が野生のまなざしを取り戻すこと

すべてのいのちを生かす役割を担うことなど、
具体的に考案し、実践し、共有する活動に
ご参加いただけます。

●ウルフパトロール/ クマ、サル、シカ、イノシシ、カラス等による被害対策

 

全國(沖縄離合以外)、どこへでも出張いたします! 

サル、シカ、イノシシ、クマ等のの大型野生動物による

ゴルフ場被害や農作物の被害にお困りの方に朗報!


ハイブリットウルフによる『ウルフパトロール』山形県東根市郊外の悪土地区で、

一群れ40頭が、集団移動の実績! 


野生動物は「天敵」がいなくて「食べ物」が豊富であれば、無制限に繁殖する。
しかし「天敵」の存在を知れば(氣配を察すれば)、
本能的に棲息範囲を決め「食べ物」に応じて、繁殖を制限する。
種族保存の本能が目覚めるのだ。
オオカミこそが、全ての野生動物の頂点に位置する動物なのだ。

 

〈パトロール方法〉

・依頼場所の範囲を徹底的にパトロールいたします。​

・必要に応じて野営をし、夜間出没にも対応します。​

・ウルフパトロール実施以外の期間は、​

「ウルフンエキス」(300㎖/5,400円)で対応お願いいたします。

※継続的な効果を期待するには、最低年2回のパトロール実施をお勧めします。​ 

 
〈費用〉

年間基本契約料:50万円(ウルフ飼育・ウルフパトロール・必要なウルフンエキス代込み)

その他パトロール実施に応じて、必要経費実費(移動費・宿泊費・人件費など)

①人件費25,000円×人数×日数

②ウルフ実働費5,000円〜お気持ち×頭数×日数

畑の広さや、パトロールを行う範囲などのご要望があると思いますので、まずはお気軽にご相談ください。

​あらえびす(0237-44-3288)

 

page top

●ウルフパトロール /ゴルフ場オーナー様向け

 

ゴルフ場は、半年に一度で先ずは大丈夫なデータが出ています。
それ以降は、ウルフンエキスのみで対応可能です!

 

ゴルフ場を利用している方が、寄付金だけで成り立つ制度を作ることを目標に、

10組~20組の有料モニターをしてくださる

ゴルフ場owner様やゴルフクラブ名誉会員様などを募集しております。

 

基本1年間で2回実施です。

害獣被害の多い場所には、1年間に6回まで金額内で対応いたします。

(交通費は別途 お願いいたします。)

〈費用〉
年間基本契約料:50万円(ウルフ飼育・ウルフパトロール・必要なウルフンエキス代込み)
その他パトロール実施に応じて、必要経費実費(移動費・宿泊費・人件費など)
①人件費25,000円×人数×日数
②ウルフ実働費5,000円〜お気持ち×頭数×日数
畑の広さや、パトロールを行う範囲などのご要望があると思いますので、まずはお気軽にご相談ください。
​あらえびす(0237-44-3288)

 

ゴルフ場におけるマイナスだけを除去して、

ゴルフの プラスは今の時代充分に楽しんでいただきながら、

害獣の頭数調整をしていきませんか。

 

Wolf’s club araebisu は、

ゴルフを楽しむ方々の一人一人に必ず存在する、

八割の天使を羽ばたかせる意味を持ちます。

 

又折角の機会だから、

ゴルフコースの除草剤によるケガレチをもイヤシロチ化させていただきます。

それにより、除草剤などの悪影響を緩和することができます。

 

いずれは、Wolf’s club araebisu の募金で、

ゴルフコース及びゴルフコース傍の農家さんは無償で

ウルフパトロールを行うシステムを作り上げて行きます。

 

同時に、棲み分けの雛形としてゴルフコース脇には、

野生動物が食べるための果樹などを植えて、

ゴルフと野生動物と農家さんの共存を目指して行きます。

 

また、その場にハイブリットウルフowner やhandler を生み出し、

自前で地区が「害獣から益獣へ」を合言葉に今の野生動物のバランスのイヤシロチ化を実践します。

 

そのスタートは、ゴルフコースという、

人類優先の自然破壊の象徴をイヤシロチ化する為のモニュメントとして、最高だと考えております。

 

ゴルフ場owner 様やゴルフコースご利用の志高い企業経営者様と繋げて頂ける方々が

いらっしゃいましたら、是非ともご紹介くださいませ。

 

私たちは、全ての分野において、

無理なくウィンウィンの相互扶助が補完し合うシステムを構築しております。

 

注) 現在シカやイノシシ対策をされているゴルフ場では、

2重~3重 の防止柵、電柵(外周8キロで300万円前後~4000万円弱)の設置や、

加えて、常に見回る人件費、修繕管理をするなど終わりのない対策に追われ、

超音波装置などと共にそれは強い電磁波を出すため、

更に害獣を凶暴化させ、またカラスを集めたりしているのが現状です。

 

今回アライグマでわかったことですが、

害獣駆除によって仲間を失った場合、野生動物は更に頭数を増やします。

それとは対照的に、キーストーン捕食者であるウルフのパトロールは、

野生動物の生殖本能を減らし、増殖を食いとめます。

 

page top