温泉/水源編

目次:

 

~温泉~

 

・海老鶴温泉(河北町谷地)

盆地の真ん中、地下700メートルから自噴する10000000年前の化石海水。

微発泡。

 

・湯舟沢温泉(村山市)

PH9.5の強アルカリ冷鉱泉。一軒宿。

 

・龍王温泉(上山市)

 

・百目鬼温泉(山形市)

温泉水を天日干しした塩がすごく甘い。

 

・大の目温泉(山形市)

 

・八百坊温泉(山形市)

 

・みいずみ温泉吉乃ゆ(寒河江市西根付近)

かつて湖でもあった山形盆地の西の船着き場近くに最近オープンした新しい施設。

ほんのり泥味。箱庭のような露天風呂が落ち着く。

 

・ゆーチェリー(寒河江市)

ここでも温泉を干した独特な味の塩が売ってます。

 

・瀬見温泉エビス屋(最上町)

・赤倉温泉三之亟(最上町)

​混浴

 

・ふくの湯(尾花沢市)

PH10.0の強アルカリ塩化物泉。世界的にも珍しい泉質。

​・のぞみの湯(天童市道満)

源泉温度は約100℃。でも薄くてやさしいお湯。

 

・舟唄温泉(大江町左沢)

最上川舟唄発祥地に湧いてる高濃度泉。

・ゆざ温泉(村山市)

延宝の頃から舟運で栄えた温泉郷。

慶応末期に焼失してしまったが、昭和51年にボーリングにより復活した。

旧出羽三山でもある死火山、「葉山」に由来する冷鉱泉。

シャワーから出るものが新鮮でおいしい。

 

・柳川温泉(大江町)

 

・古寺鉱泉(大江町)

 

・朝日鉱泉(朝日町)

・姥湯温泉(米沢市)

・飯豊温泉(小国町)

・明日の湯温泉(仙台市)

あらえびすが伏流水を汲んでいる船形山の宮城県側に湧く温泉。

仙台市内では珍しい、濾過消毒加水加温なし、完全かけながしのお湯。

​船形山という名前の由来は、山の形が船をひっくり返したようにみえるから、という説が有力。





 

~水源~


 

・イカゴスズ(大石田町)

 

・ジャガラモガラ(天童市貫津)

​地名の由来は、シャガラ龍王の殯の場所、という説が有力。

 

・朝日連峰/銀玉水(朝日町)

・五本樋(朝日町)

・阿吽の水(朝日町)

・清水の井戸(朝日町)

・作谷沢湧水群(山辺町)

 

・御所の水(尾花沢市)

 

・葉山ブナ清水(村山市山の内)